プロフィール
友野労務行政事務所
友野労務行政事務所
愛知県江南市で開業。

社会保険労務士・行政書士・
AFP

名古屋商工会議所賛助会員、江南商工会議所評議員

業務内容、
株式会社設立、合同会社設立、
労務管理相談、助成金申請代行、
就業規則作成、
労働保険・社会保険等の手続き代行、
生命保険見直し相談

創業塾での講師歴
 名古屋商工会議所、
 岐阜県商工会連合会、
 静岡県商工会連合会、
 津商工会議所等

労働時間等設定改善アドバイザー、
中小企業非正労働者雇用改善相談員、
愛知県ファミリー・フレンドリー企業普及アドバイザー
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年12月24日

ちょっと一言、下着売り場で

47920.jpg本日は、クリスマス。
街は、まさにクリスマス商戦の
ピーク。
そして、明日になれば、
お正月向けの歳末セールに
変わります。

そんな時、下着売り場で見た、
「POP」
そこには、こう、書いてありました。
「新年には、新しい下着で!」
何となく、そうだよなと感じて、
思わず買いそうになりました。

もちろん、男性用の売り場ですよ(笑)  

Posted by 友野労務行政事務所 at 22:09ビジネス

2007年12月23日

派遣業の2009年問題

47909.jpg労働者派遣業が製造業にも
解禁され、派遣期間も
3年に設定されています。

ところが、この製造業の
派遣期間が3年後に、
更新時期を迎えるのが、
この2009年問題。

受け入れ先が、派遣労働者を
引き続き使用したい場合は、
クーリング期間を起きませんと、
直接雇用をしなければなりません。

そのため、この2009年問題が、
どうなるのか?
人材派遣業界も、産業界も
頭を悩ましています。

今後の動きに注目です。  

Posted by 友野労務行政事務所 at 23:52法律

2007年12月15日

忘年会、名刺を忘れずに・・

47731.jpgこの時期は、あちらこちらで
忘年会が開催されます。
これは、実はビジネスチャンス
に繋がる季節でもあります。

なぜならば、会社員の忘年会と
違い、起業家同士、社会保険労務士、
行政書士、税理士、弁護士、司法書士等、
いろいろなジャンルを持った人達が
集まってくるからです。

そんなとき、欠かせないアイテムは
「名刺」です。この時期、実は名刺の
消化枚数が増加します。
ここで築いた人間関係が、あとで効いて
きます。
今年は、何枚、名刺がなくなり、
新たなご縁が始まるのかが、楽しみです。  

Posted by 友野労務行政事務所 at 00:57ビジネス

2007年12月14日

起業前に法律の確認を

47714.jpg起業します。会社を設立します。
でも、何の事業を行う場合でも、
いろいろな法律の制限を
受けることがあります。

例えば、労働者派遣業、
すなわち、人材派遣の場合は、
労働者派遣法により、
「自己の雇用する労働者を派遣する」
という定義があります。

つまり、会社を設立した
代表取締役自身は、
派遣労働者として、働くことは
できません。

何事も、事前確認が必要です。  

Posted by 友野労務行政事務所 at 09:27法律

2007年12月11日

会社の事業目的は?

47459.jpg新規に起業して、会社設立の
相談をよく、受けますが、
会社の定款に記載する
「事業目的」をどうするか?で
いつも、頭を悩まします。

現状行うことだけでなく、
将来、行うことを予想して
会社の定款に「事業目的」を
入れることをおすすめして
います。

なぜならば、新しい事業目的を
追加しようとすると、定款の
変更になります。

その場合、法定の登記手数料
だけでも3万円、かかります。

会社を設立するときの事業目的
は、よ〜く、考えてから記載
しましょう。

日常の活動ブログは、こちらへ   

Posted by 友野労務行政事務所 at 22:23会社設立

2007年12月10日

ターゲットは?

46824.jpg起業する、開業する。会社を設立する。
でも、その後は、一体、どうするのか?

起業も、会社設立も、誰でもできます。
問題は、その後です。

そうです、営業です。
営業をしなければなりません。
新規に顧客を開拓するのは、
それは、それは困難なことです。

あなたが求める、ターゲットは
誰ですか?

「ターゲット」を決めないと、
新規顧客開拓も、うまく行きませんよ。

 日々活動ブログは、こちら  

Posted by 友野労務行政事務所 at 22:47会社設立

2007年12月09日

泊まりで宴会

45194.jpg最近は、道路交通法の改正により、
飲酒運転が厳罰化。
そのため、いままで、郊外にあった
居酒屋は、のきなみ、売上がダウン。

でも、これを逆手にとっての
ビジネスもあります。

週末利用の宿泊宴会パック。
都市部にある、旅館や、ビジネスホテル等
が宴会場を利用してのお客の囲いこみを
行う。
あるいは、スナックが、ホテルと提携して、
ホテルの割引券を顧客に配布する。
タクシーを使って帰るのであれば、
宿泊した方が安い場合もあります
しね。

法律が改正されると、そこには、
新たなビジネスが生まれます。

日々の活動ブログは、こちらへ  

Posted by 友野労務行政事務所 at 17:10ビジネス